オプション特殊健診

血液で分かる検査

胃部検査

ピロリ菌検査 胃がん・胃潰瘍の発症原因の一つピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の有無を調べます。
ペプシノ-ゲン 胃がんのスクーリング検査として有用です。 慢性萎縮性胃炎は胃がんの高危険群です。
ペプシノーゲンⅠとⅡを区別して測定することにより、慢性萎縮性胃炎を診断します。
ABC検診 ピロリ菌検査とペプシノーゲン検査を組み合わせ胃がん発症リスク度をA、B、C、D の4 群に分類する検査です。

前立腺がん検査

PSA検査 前立腺に特異的にみられる腫瘍マーカーで、前立腺がんの早期発見に有用な検査です。
50歳以上の男性の方は1 年に1 回はこの検査を受診されることをお勧めします。

脳梗塞

脳梗塞リスクマーカー 自覚症状のない隠れ脳梗塞のリスク度を診断します。
微小な脳梗塞が生じたとき、脳の細胞が傷つくと血液内で高くなるアクロレインと炎症物質2 種(インターロイキン-6、CRP)の3 項目を測定し、年齢を組み合わせて総合的にリスクを評価します。

心疾患

BNP 心臓の負荷の有無や程度を調べる検査です。
心臓の元気度がわかる唯一の検査です。
心臓に負荷がかかると合成、分泌されるBNPという物質を測り、心疾患の早期感知にも役立てられます。

その他

B型肝炎検査 肝炎ウイルスの感染を調べる検査です。
C型肝炎検査

超音波検査

腹部超音波 胆嚢・肝臓・腎臓・脾臓・膵臓の質病の有無を検査します。
超音波(乳房) 乳腺症・乳がん等の検査をします。
超音波(膀胱) 前立腺・膀胱がん等の検査をします。

その他検査

大腸癌検査
【便潜血反応検査】
便から分かる簡易的な検査です。
便に混じった血液(ヒトヘモグロビン)を検出することによって、がんや腫瘍などの消化器の病気を見つける検査です。
眼底検査 動脈硬化等の早期発見を行います。
眼底は体の中で唯一外から血液を見ることが出来ます。その血管の状態から動脈硬化等を見つける検査です。
眼圧検査 緑内障等を調べる検査です。
圧搾空気を角膜に吹きつけてへこみ具合により測定します。
器具が直接目に触れることはなく、麻酔も必要なく簡易に出来る検査です。
肺機能検査 肺結核・肺線維症・気管支喘息・気管支拡張症・肺気腫など、慢性の呼吸器疾患の検査を行います。
スパイロメーターという機械を使って測定します。

特殊検診

有機溶剤・鉛・じん肺・アスベスト・電離放射線・VDT・腸内細菌・その他

上記以外の検査も、お気軽にお問合せください。